バンコクのおすすめ情報


バンコクで一度は訪れたい場所をまとめた、とっておきの情報をご紹介します。

バンコクの食べ歩き


バンコクといえば昔ながらの文化と大都会の華やかさを両方味わえることで有名ですが、食の文化にもかなりの人気がございます。タイの伝統的な料理、新鮮な魚介類、熱々の麺料理、スイーツなど、バンコクには旅行者が望むものが何から何まで揃っています。街角の屋台からデーパートや5つ星レストランまで、バンコクではおいしい食事をどこでも手頃な価格で楽しむことができます。そこで、私たちのお気に入りをこちらにまとめてみました。街に出て、バンコクの魅力を存分にご堪能ください。もちろん、食の楽しみを味わうこともお忘れなく。

深夜の食事に

深夜に空腹感にさいなまれ、真夜中に食事をとれる場所をお探しなら、バンコクでシーロム通りの右に出る場所はありません。「Niyom」は、豚肉、魚、エビといった具入りのおいしいお粥「カオトム」などの人気料理を味わえるバンコクの人気店です。シンプルなのに味わい深い「ムーグローブ」もメニューに並んでいます。これはカリカリになるまで油で揚げた豚肉の料理で、ご飯ととてもよく合います。「Niyom」では、エアコン完備の屋内だけでなく、屋外にもテーブルが用意されています。

深夜においしいものを手早く食べられる店をお探しなら、「Niyom」レストランはかなりおすすめです。

デザートはお好きですか?
タイのデザートに魅力をお感じですか? おいしいデザートにまつわる興味深い物語をなにかご存じですか? タイのデザートは縁起が良いと考えられており、そのユニークな味と香りが幸運をもたらすと信じられています。タイのデザートは仏教の儀式、結婚式、お祝い事でよく使われます。タイ暦の新年に行われるソンクランというお祭りも例外ではなく、一家の年配者への尊敬の印として、また幸運を呼び込むための贈り物としてデザートが用いられます。トンイップ、トンヨード、フォイトン、トンエーなど、ほとんどのタイのデザートの名前に、タイ語で「金」を意味する「トン」という言葉が使われています。これは富と繁栄を象徴する言葉です。
バンコクで絶対に食べたいシーフード
バンコク滞在中においしいシーフードを食べたいなら、「Somboon」や「Laemgate Seafood」を訪れてみてください。45年以上の歴史がある「Somboon」といえば蟹のカレー炒めで有名なレストランです。ナムプリックパオと呼ばれるチリペーストを合わせて作る赤くスパイシーなソースがこの料理の味を引き立てています。カニの卵のチリペーストの料理が有名な「Laemgate Seafood」も30年以上の歴史をもつ老舗で、バンコクとパタヤに多数の支店を展開しています。Wバンコクから一番近い店舗は、アーリーソイ4にございます。
屋台のバーベキュー
バーベキューはタイで特に人気の屋台料理です。文字通り街の隅々で見かける屋台のバーベキューは、単に「おいしいもの」で片づけられるものではなく、ぜひとも試してみるべきものです。豚肉、鶏肉、肉団子の串焼きは、タレに漬け込んでから竹串に刺し、直火で焼いて、もち米と一緒に出てきます。グリルした肉にナムジムジェーと呼ばれるスパイシーなソースを合わせると最高です。特別なメニューをお探しなら、魚のバーベキューをお試しください。パンダナスの葉に包まれ、小麦粉と岩塩の衣がついているティラピア、ナマズ、ライギョはどれもおいしいバーベキューのメニューで、一度は食べてみる価値がございます。
爽やかなハーブドリンク

冷たく爽やかなタイのハーブドリンクは、タイの猛烈な暑さを和らげてくれます。タイの有名なハーブドリンクは、地元産のハーブ、花、フルーツからできており、信じられないくらいおいしい飲み物です。路上の屋台で買えるおなじみのハーブドリンクには、レモングラスドリンクや、パンダンの葉、ベールフルーツ、菊などをミックスしたドリンクなどがございます。

このような爽やかなハーブドリンクは、街歩きの最中に喉の渇きを癒やしたり、ほっと一息つきたいときにおすすめです。

麺類の食べ歩き
バンコクの観光中は、本場のタイの麺料理をぜひお試しください。米、小麦、緑豆粉で作るタイの麺類は炒めるとおいしくいただけます。有名なメニューには、パッタイ、パッシーユー、クイティアオクアガイなどがございます。ラッドナーと呼ばれるあんかけ麺も人気ですが、一般的にはスープ麺の方が好まれる傾向があるようです。クイティアオルア、クイティアオスコータイ、クイティアオイェントーフー、バミームーデン、タイ北部の名物料理であるカレー味のカオソーイなどのスープ麺もお楽しみください。麺料理を食べるには箸を使います。タイ人が木製の食器を使うのは麺料理を食べるときだけです。心ゆくまでご堪能ください!
H5 Service Detail 1
「パイトン」は、タイで人気の昔ながらのココナッツアイスクリームチェーンの名前です。パイトンは、あちこちの屋台で売られています。タイの暑さと湿気の中で涼をとることができるさわやかなデザートです。オリジナルのフレーバーはココナッツですが、バニラ、チョコレート、タロのフレーバーのアイスクリームもあり、どれもコーンまたはパンの上に乗せてもらうことができます。甘いもち米、ヤシの種、ポテト、小豆などの珍しいトッピングの追加も可能です。パイトンで、タイならではのデザートをぜひご体験ください。
すぐに食べられる定番のタイ料理
決してはずれがない定番のタイ料理といえば「ガパオ」です。タイのホーリーバジルを使ったおいしい炒め料理ガパオは、スパイシーで味わい深い一皿料理です。地元の人々からのご注文が最も多い料理の1つで、ガパオはほとんどの店のメニューに載っています。2017年後半にミシュランの1つ星を獲得した「Raan Jay Fai」は、ひときわおいしいガパオを味わえるレストランです。このレストランは、店先の調理場で中華鍋を振りながらおいしい料理を作っているジェイ・ファイと呼ばれるおばさんが仕切っています。
スイーツ屋台: バンコクのスイーツベンダー
甘い物のベンダーをお探しなら、バンコクでは簡単に見つかります。市内のマーケットを歩き回っていると、さまざまな種類のデザートを見かけるはずです。ベンダーがオートバイの片側に、おいしそうなお菓子を微妙に均衡を保ちながら並べています。これらのベンダーは、ゼリーやカスタードなどのタイの伝統的なデザート、ココナッツミルクのデザート、香りの良いもち米のデザートをはじめ、さまざまな種類の甘いお菓子を売っています。タイのデザートはどこでも手に入れることができ、昼夜を問わず食べることができます。甘い物がお好きでしたら、ここは天国のような街です。
お米の種類
タイはお米の産地として知られており、タイ国内では、多くの品種が見られます。最も人気のあるお米の品種はタイ ジャスミンホワイトライスで、ほぼすべての料理に使われています。珍しい紫色を特徴とするお米で人気のブランドは、Rice Berryです。このお米の味と香りは、概して柔らかくて粘りがあると表現されます。ライスベリーには葉酸、ビタミンE、抗酸化物質が豊富に含まれているため、バンコクでのお食事にはヘルシーな選択肢です。ホムニルライスは100%黒いお米です。この品種も独特の味と香りを持っています。希少な商品ですので、他の品種より総じて価格が高いものの、価格に見合うだけの価値はございます。玄米はタイで次第に人気が高まっており、簡単に手に入るようになってきました。色の薄い玄米は栄養価が高く、木の実のような味わいと、かみ応えのある食感が特徴です。タイでヘルシーな食事をお望みでしたら、栄養価の高い玄米や色付きのお米をお選びになるのがベストです。
back to top