オーチャードロードでのショッピング


モール、ブティック、デザイナーブランドなど、シンガポールにはファッショニスタが大興奮する理由が数多くございます。オーチャードロードから1ブロックの場所に位置するセントレジス・シンガポールは、文化的に豊かで楽しいばかりでなく、ショッピングもお望みのお客様にとっては絶好のロケーションです。

その場で試着できるお洋服やアクセサリーをお探しのお客様には、シンガポールは夢のような街です。蛍光灯の看板が光る一方、床から天井までの窓から差し込む太陽の光が、デザイナーブランドの商品を並べた棚を照らします。店頭そのものが、建築デザインの傑作です。このきらめく東南アジアの街への旅は、心ゆくまで楽しむショッピングなしには終われません。ジェットセッターのためにご用意した、シンガポールでの最高のショッピングの秘訣をご紹介いたします。

シンガポールで最も高級なショッピング体験


ルイヴィトンアイランドメゾン
もちろんマリーナベイのモールから海底トンネルを徒歩でルイヴィトンアイランドメゾンまで行けますが、ヨットに乗って到着することで、お客様が本気のショッピングセラピーに訪れたということが人々に伝わることでしょう。個人的な招待状をお持ちでしたら、4階のアパートメントで行われるルイヴィトンの高級レザーグッズコレクションの内覧会「Haute Maroquinerie collections」へどうぞ。ここでは、購入者が5種類のスタイル、革、色から選んで好みのバッグを作成してくれます。ベルナール・フリズの絵画、アイザック・ジュリアンの写真、中国人芸術家ガオ・ウェイガン作の像など特別に集められた芸術品に囲まれながらショッピングできます。
エルメスVIPスイート
創業30年のエルメスのフラッグシップショップは、近年、店舗内全てを完全改装し、4階は全く新しいフロアへと生まれ変わりました。ご自宅の空間をエルメスのエレガントなスタイルで演出なさりたいというお客様は、まず3階へお越しください。ディスプレイには、豪華な家具、生地、陶磁器、クリスタルほか、ビーチや公園での最先端のトレンドを取り入れたピクニックに必要なもの全てが揃っています。高級家具を通りすぎて、その先の洗練されたカーテンの後ろに隠れているのは、ベージュのベルベットの壁、シルクの装飾、シックなソファを配した、完全なプライベートVIPスイートです。ビジュアルアートとデザインを支援するエルメスが創る、世界に5つしかないうちの1つの、広さ110㎡のアートの空間もお見逃しなく。
イングッドカンパニー
最も有名で成功したローカルブランドの一つであるイングッドカンパニーは、2015年にアイオンオーチャードで第1号店をオープンさせました。昨年8月に、スヴェン・タンとケイン・タンは306㎡のこのブランド店をオープン。オープン前は、このブランドのアイテムは限られた数軒の店でしか購入できませんでした。店内は、受賞歴を誇るインテリアデザイン事務所「Traart」が手掛けた上品な内装にまとめられており、ブルータリズムのコンクリート、明るい色合いの木、ガラスのパネルと白い壁が印象的です。既製服のほとんどが、アイオンオーチャードのブティックのみでお求めいただけます。シンガポールにご滞在の際は是非こちらにお立ち寄りください。高級な洋服からライフスタイル雑貨、ユニークな雑誌、書籍、バッグなど全てを取り揃えています。
Club 21
オーチャードロードに位置するClub 21は、最上位のエリート顧客だけにパーソナルショッピングサービスを提供しています。そのスタイルアドバイザーは、アジアと西洋の高級ブランドの専門家で、個々の客に理想的な衣類やアクセサリーを見つけるばかりでなく、ヘアやメイクのサービスの予約なども含め、全身のトータルコーディネートをサポートしています。店内は、何人かのご友人とご一緒にお洒落を楽しむのに十分な広さがございます。広いフィッティングルームでの試着ショーや、ダイニングエリアでの美味しいランチを楽しめ、M.A.Cのメイクアップバーでのお化粧直しも可能です。Club 21では、60種類を超えるブランドの商品が陳列ケースに出される前に、 VIP客が新作を見る機会を手配できます。
ティファニー・アンド・カンパニー.アイオンオーチャード店
ティファニーに設けられた2室のプライベートコンサルテーションルームは、プライベートにダイヤモンドを選びたい方に最適です。一階の奥まったところにあるこのお部屋には、ティファニーブルーの革製ソファと細長いディスプレイケースが備えられ、壁には素晴らしい芸術作品が飾られています。もう一室は、エレガントな階段を上って輝かしいシャンデリアを過ぎたところにございます。ミラーパネルになった出入り口とティファニーブルーのドレープの裏側は、魅力あるサロン。そのお部屋には、ティファニー社創業者の息子であるルイス・カムフォート・ティファニーのクリエイティブな精神を称える、黒の漆で描かれた複雑な藤の模様がこの空間のアクセントとなっています。
back to top