食通のためのバンコク屋台料理ガイド


Wバンコクでのご滞在中には、バンコクのおいしい屋台料理をお見逃しなく。まずは、タイ伝統の味を現代風にアレンジしたお料理をお楽しみいただけるホテル内レストラン「The Kitchen Table」や、世界各地のお料理をご提供する「The House on Sathorn」の「The Dining Room」で、生涯思い出に残るお食事体験を。そして、おいしい屋台料理に出会えるバンコクの通りにお出かけください。

屋台料理


ヤワラー通り
バンコクのチャイナタウンとも呼ばれるヤワラー通りの一帯は、道の両側に食べ物の屋台が延々と立ち並ぶグルメ天国です。バジルの葉を入れて炒めたパッキーマオはいかがでしょうか。辛味、酸味、甘味が口の中に拡がるこの麺料理のお供には、近くの屋台で買った新鮮な果物のジュースがおすすめです。それでもまだ食べ足りない場合は、ジューシーなラム肉入りマッサマンカレーや有名なタイのチキンライスをお試しください。シンガポールでみられる同名のお料理と比べると、タイのチキンライスはバリエーションに富んでおり、細切りのフライドチキンを乗せたり、チリソースや醤油を添えたりすることもございます。食の旅の締めくくりには、タイ料理のデザートの中で一番人気のカオニャオマムアン (ココナッツミルクで炊いた餅米に、マンゴーを載せたもの) をどうぞ。
Charoen Krung通り
チャルンクルン通りもバンコク屈指の食のパラダイスです。ずらりと並ぶ食べ物の屋台では、新たな感動の味との出会いが待っています。新鮮な青いパパイヤを使ったサラダ「ソムタム」はさっぱりした味わい。添えられたソースをつけていただく豚肉の串焼き「ムーピン」は、一口ごとにおいしさを感じられます。屋台の食堂では、ベジタリアン向けのタイ風炒飯やレッドカレー、グリーンカレーを喜んで用意してくれますので、ベジタリアンでも安心してタイ料理を楽しむことができます。
ティップサマイ
バンコクで一度は味わいたい料理の中でも、とりわけおすすめの料理といえばパッタイです。エビ、豆もやし、ピーナッツを入れて炒め、粉唐辛子を振りかけて食べるこの麺料理は、タイ料理が世界最高の味の1つとして認識されるきっかけになりました。そして、一番本格的なパッタイを味わえる店はティップサマイを差し置いて他にはございません。この店のパッタイは、薄焼き卵に包まれて出てくるため、どこから食べてもさらなるおいしさがずっと続きます。バンコクの屋台料理の食べ歩きにご興味がある方は、Wインサイダーまたは「Whatever Whenever®」にお気軽にご相談ください。
back to top