応募者のプライバシーステートメント

最終更新日: 2020年11月15日

マリオット・インターナショナルおよびその系列会社により構成されるマリオットグループ (以下「マリオット」) は、信頼を重んじ、個人データの責任ある管理、使用、保護を約束します。応募書類を作成し提出する過程で、マリオットは応募者に関する情報、マリオットとの潜在的な関係、以前の職歴などのデータを収集することがあります。マリオットでは、このようなデータを「個人データ」と呼びます。

この応募者のプライバシーステートメント (以下「本ステートメント」) は、マリオットでの職務またはインターンシップへの応募に関連して、本ウェブサイトもしくはその他の手段で収集される個人データに関するマリオットの慣行を説明するものです。宿泊の予約時や応募者の採用後などにマリオットのウェブサイトから送信される個人データは、マリオットグループの「グローバルプライバシーステートメント」および「アソシエート プライバシーステートメント」に準拠して使用されます。

 

データの収集

応募者が提供するデータ

マリオットは、応募に関連して、次のようなデータを応募者から収集することがあります。

  • 氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、その他の連絡先データ
  • 応募を円滑に進めるためのユーザー名とパスワード
  • 就労許可状況
  • 履歴書、職務経歴書、送付状、過去の勤務経験および学歴
  • スキルおよび能力
  • 保有している専門およびその他仕事関連のライセンス、許可証、証明書等
  • 身元保証人に関するデータ
  • 応募者がマリオットに提出することを選択したその他のデータ (雇用に関する希望、転勤の可否、現在の給与額および希望給与額、表彰、職務に関連する所属団体情報などが含まれますが、これらに限定されません)

このようなデータが法的に要求または許可される場合を除き、適用法に基づく機密性の高いデータに該当するデータを提出しないようお願いします。これには、バイオメトリック、病歴や健康状態、遺伝、人種、民族、性生活または性的指向、性的指向、宗教、哲学的または思想的信念、政治的意見、労働組合への加入の有無 (考え方や活動を含む) に関するデータ、社会保障措置に関する情報、ならびに行政上または刑事上の訴訟および処分などが含まれます。機密性の高い個人データは、特別なレベルの保護またはより高いレベルの注意義務を要することがあります。機密性の高い個人データには、GDPR (一般データ保護規則)で規定されている特別なデータカテゴリーが含まれます。

場合によって、応募者がマリオットに提供する個人データ (学歴など) に、前項で言及したデータが含まれていることがあります。そのような場合、応募者は、求人応募の目的でマリオットがそのデータを取り扱うことを明示的に許可したことになります。

このウェブサイトを通じて提出されるデータはすべて、真実かつ完全であることが必要で、誤解を招くものであってはなりません。不正確、不完全、または誤解を招くデータを提出すると、応募過程にある場合は不採用となったり、マリオットのアソシエートである場合は即時解雇を含む懲戒処分が下されたりすることがあります。また、応募者は自身が提出するデータが第三者の権利を侵害していないことを保証する責任を負います。

応募に際して身元保証人など他人の個人情報をマリオットに提供する場合、応募者は、そのデータをマリオットに提供する権利を自身が有していることを保証する責任を負います。

 

その他の情報源からのデータ

マリオットは、あなたの応募に関連して、適用法により許容される範囲で、応募者の身元保証人または身元調査報告から応募者に関するデータを取得することがあります。また、一般的に個人を特定しない、または一人の個人に直接関連付けのないデータである「その他のデータ」を収集することもあります。その他のデータが、応募者個人を特定できる場合、あるいは特定の個人に関連付けられる場合、当社はその他のデータを個人データとして取り扱います。その他のデータには以下が含まれます。

  • ブラウザおよびデバイスのデータ
  • アプリ使用状況データ
  • クッキーやピクセルタグなどのテクノロジーを利用して収集されるデータ
  • 応募者が提供するデモグラフィックデータおよびその他のデータ
  • 集計データ

 

データの使用と開示

マリオットは、以下の理由で応募者に関するデータを収集し、処理します。

  • 応募者が自主的にこのデータを提供したため
  • 応募者の要請により、雇用契約を結ぶ前の手続きにこのデータが必要であるため
  • このデータがマリオットにとって特に重要であり、マリオットはこのデータの処理について法律に基づく特定の正当な権利を有するため
  • 法的義務に従うため
  • 個人の重大な利益を保護するために必要である場合

応募者は、自主的にマリオットに提供したデータの処理、または自身の同意に基づくデータの処理に関して、同意をいつでも取り消すことができます。同意の取り消しを希望する場合は、applicantprivacyinfo@marriott.comまでご連絡ください。

このウェブサイトを通じて提出されたデータは、適用法により許容される範囲で、次のようなマリオットのグローバルな人材の採用、管理、計画の目的で使用され、これには以下が含まれます。

  • 応募を処理するため
  • 能力や応募資格を評価するため
  • 身元保証確認を実施するため
  • 応募者の問い合わせに回答したり、応募について連絡したり、本ウェブサイトおよびマリオットの規約やポリシーの変更に関する情報を送信したりするため
  • 適用される法令を遵守するため、または遵守状況を監視するため
  • マリオットが応募者を採用することにした場合、必要に応じて身元調査を実施するため
  • マリオットのその他の正当な利益を保護するため (例えば、マリオットの業務管理上の目的、集計管理レポート、社内トレーニングのため、およびマリオットグループ内で業務を遂行するために一般的に必要であるため)

応募者に関するデータは、マリオットの応募者データベースに追加され、応募した職位以外のマリオットにおける採用機会について検討するために使用されることがあります。マリオットがこれを行うことを希望しない場合は、applicantprivacyinfo@marriott.comまでご連絡ください。マリオットに採用された場合、応募に関連して収集した個人データは、マリオットの人事システムに統合され、新規雇用手続きの管理に使用されることがあります。そのようなデータはアソシエートファイルの一部となり、適用法に準拠したその他の雇用関連の目的で使用される場合があります。

ただし、自身の応募をサポートするために必要なデータを提供しない場合、マリオットはその応募者の採用について検討できないことがあります。

マリオットは、求人のある職位の候補者の評価に関与する系列会社と、個人データを共有することがあります。マリオットは、系列会社と共同で使用する個人データについて、引き続き責任を負います。マリオットは、当社ポリシーに従い、採用、人事、情報テクノロジー部門の社員や、応募対象職位の担当部署の社員など、そのデータを業務上知る必要のある社員にデータを提供します。応募者の個人データを処理する可能性のある系列会社のリストは、ご要望に応じて提供します (本ポリシーの末尾にある「お問い合わせ」の項をご参照ください)。

マリオットは、本ウェブサイトのホスティングや運営、採用支援、身元調査の処理および類似のサービスを提供する第三者のサービスプロバイダーと個人データを共有することがあります。

また、組織再編、合併、売却、合弁事業、譲渡、権利譲渡、あるいはマリオットの事業、資産、または株式のすべてもしくは一部の処分 (倒産またはそれに類する手続きに関連する場合を含む) などの事態が発生した場合に、第三者にデータを移転することもあります。

特定の限られた状況において、マリオットは、当社が管理するマリオットグループブランドのプロパティのオーナーと限定的な個人データを共有することもあります。

マリオットは、以下の各状況で必要または適切であると判断した場合に、個人データを使用し共有することがあります。(a) 応募者の国や地域以外の法律を含む、適用法に従うため、(b) 法的手続きに準拠するため、(c) 応募者の居住する国や地域以外を含む、国や地域の公的機関および政府当局による要請に対応し、国のセキュリティまたは法執行機関の要件を満たすため、(d) マリオットの規約を施行するため、(e) マリオットの事業運営または当社の系列会社の事業運営を保護するため、(f) マリオット、その系列会社、応募者、その他の権利、プライバシー、安全、資産を保護するため、(g) マリオットが可能な救済措置を追求する、またはマリオットが負う可能性がある損害を限定的にとどめるため。

個人データの開示には、他の国への個人データの移転が含まれる場合があります。応募者が欧州経済領域 (以下「EEA」) [1]に居住している場合、EEA域外の国が含まれる場合があります。EEA域外の一部の国々は、欧州委員会により、EEA規格に従い、適切なレベルの保護を提供していると認められています (これらの国の一覧は、https://ec.europa.eu/info/law/law-topic/data-protection/data-transfers-outside-eu/adequacy-protection-personal-data-non-eu-countries_en (英語)別のブラウザタブで開でご覧いただけます)。その他の国への移転に関しては、マリオットはデータ移転契約や標準契約条項など、個人データを保護するための適切な措置を講じています。

 

データの保持

マリオットは、法律でそれよりも長い保存期間が求められている、あるいは許可されている場合を除き、本ステートメントでその概要が記述されている目的を果たすのに必要な期間、個人データを保持します。マリオットは、応募者の他の採用機会への適性を検討する目的で、その個人データを保持することもあります。このような理由でマリオットが個人データを保持することを希望しない場合は、applicantprivacyinfo@marriott.comまでご連絡ください。マリオットは、適用される法令の義務に従い、アクティブでないアカウントの個人データを当社のデータベースから削除することがあります。さらに、マリオットは、いつでも、理由を示すことなく、応募者に関する個人データ (職務経歴書/履歴書を含む) を当社のデータベースから削除することがあります。したがって、マリオットに提供した自身の個人データのコピーを保持するようお願いいたします。

 

受動的なデータ収集: クッキーおよび類似のテクノロジー

マリオットとそのサービスプロバイダーは、本ウェブサイトで「クッキー」および類似のテクノロジーを使用することがあります。詳細については、マリオットのプライバシーおよびクッキーに関するステートメント (https://www.marriott.co.jp/about/privacy.mi)、およびマリオットのウェブサイト (https://www.marriott.co.jp/default.mi) 下部にある「追跡の設定」をご覧ください。

 

アクセスおよび訂正

応募者は、本ウェブサイトに再度ログインしてアカウントデータを更新することで、ここに保存された個人データを閲覧、確認、変更することができます。更新されたプロフィールは、次回、このアカウントを使って求人に応募する際にデフォルトで使用されます。マリオットは、プロフィールに加えられたすべての変更を閲覧することができますのでご了承ください。特定の職位への応募のためにすでに提出した個人データを変更するには、あなたのプロフィールを更新して、その職位への応募を再送信してください。個人データに変更があった場合や不正確な情報があった場合は、速やかに更新することをお勧めします。

プロフィールに含まれるデータのほかに、適用法により認められる場合、応募者はマリオットが保持する自身の個人データへのアクセス、訂正、制限、削除、転送を依頼することができます。マリオットは、適用法に基づき、ご要望に対応します。このようなご要望は、Eメール (applicantprivacyinfo@marriott.com) でお送りいただくか、下記の住所宛に書簡をご郵送ください。

Marriott International, Inc.
Talent Acquisition
10400 Fernwood Road
Bethesda, MD 20817
United States of America
 

ご要望メールには、どの個人データにアクセスしたいのか、どの個人データを変更したいのか、マリオットに提供した個人データをマリオットのデータベース上で抑制したいのか、あるいはマリオットによる自身の個人データの使用についてどのような制限を加えたいのかを明記してください。当該個人の保護のため、マリオットは、ご要望の送信に使用された特定のEメールアドレスに関連付けられたデータについてのみご要望に対応することができます。またマリオットは、ご要望に対応する前に、要望送信者の本人確認をする必要がある場合があります。マリオットは、合理的に可能な限り速やかに、このようなご要望に対応するよう努めます。一部の個人データについては、適用されるデータ保護法に基づくこのようなアクセス、訂正、制限の権利の対象外となりますのでご注意ください。

応募者は、自身の国や地域のデータ保護機関に、マリオットによる個人データの処理方法について苦情を申し立てることができます。連絡先の詳細については、下記の「その他の情報」の項をご覧ください。

 

セキュリティ

マリオットでは、社内の個人データを保護するために妥当な組織的、技術的、管理上の措置を講じるように努めています。しかし残念ながら、いかなるデータの送受信や保存システムも100%安全であると保証することはできません。マリオットとの通信が安全でないと根拠をもって思われる場合は (自身のマリオットのアカウントのセキュリティが損なわれたと感じる場合など)、下記の「お問い合わせ」の項に従って、直ちにマリオットに問題をお知らせください。

Eメールで機密性の高いデータをマリオットに送信しないでください。マリオットと通信する場合に必ず適切なレベルの注意を払う責任は、送信者自身が単独で負うものとします。

 

第三者ウェブサイトへのリンク

本ウェブサイトには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがあります。本ステートメントは、本ウェブサイトのリンク先であるウェブサイトやサービスを運営している第三者を含め、第三者のプライバシー保護やデータ保護、その他の慣行に対応するものではなく、マリオットはその責任を負いません。本ウェブサイトにリンクを含めることは、リンク先のサイトまたはサービスをマリオットやその系列会社が推奨することを意味するものではありません。マリオットは、これらのサイトに掲載されているプライバシーポリシーなどの法的通知をお読みになることを推奨します。

 

求人への応募に適用される法律

本ウェブサイトでは、一元管理されたマリオットのグローバルな採用システムにより、世界各地の求人に応募することが可能です。本ウェブサイトは米国で運営されています。そのため、本ウェブサイトに送信される個人データは米国で収集され、米国の法律の適用対象となります。しかし、マリオットが、他の国や地域に所在する潜在的な雇用者としての立場にある系列会社と応募者の個人データを共有する場合、その系列会社は本ポリシーに従って、その個人データを取り扱います。採用やその他雇用に関する決定は、その勤務地の国や地域の法律に従って、採用する系列会社が行います。

 

就労年齢以下の未成年について

本ウェブサイトは、適用法に基づく就労年齢に達していない個人による使用を意図しておりません。こうした就労年齢に達していない未成年が本ウェブサイトを通じて個人データを提供することのないようお願いいたします。

 

マリオットの現社員

現在、マリオットまたはその系列会社に勤務している社員は、キャリアサイトを使用してマリオット社内で別の職位に応募する資格が必要です。そのような職位への採用を承諾した場合、福利厚生プログラムや人事ポリシーが変わることがあります。新しい職位への応募資格、その職位に適用される福利厚生プログラムや人事ポリシーについては、人事マネージャーに相談してください。

本ウェブサイトは、配信や使用が現地法令に反する法域や国に所在する個人や法人に対して配信する、あるいはこれらの個人や法人が使用することを意図しておりません。

 

前プライバシーシールド認証

マリオットは、EU-米国間およびスイス-米国間のプライバシーシールド フレームワーク (英語)別のブラウザタブで開く の認証を取得していました。[2]2020年7月16日より前に米国に転送された人事データを対象としたプライバシーシールド ポリシーはこちらからご覧いただけます。

 

本ステートメントの変更

マリオットは、マリオットの今後の発展、本ウェブサイト、あるいは業界または法的動向の変化に対応するため、随時本ステートメントを修正する権利を留保します。マリオットは、改定された本ステートメントを本ウェブサイトに掲載するか、本ウェブサイトのホームページで変更を通知します。本ステートメントの最新改定日は、本ステートメントの上部にある「最終更新日」で確認できます。変更はすべて、本ウェブサイトに改定されたステートメントが掲載された時点で発効します。変更後も本ウェブサイトの利用を続けることにより、利用者はその変更に同意したものとみなされます。本ステートメントの条件の全体または一部に同意しない場合、本ウェブサイトの使用を継続しないことを選択できます。

 

お問い合わせ

本プライバシーステートメントについてのご質問は、applicantprivacyinfo@marriott.com宛にEメールをお送りいただくか、下記の住所宛に書簡をご郵送ください。

Marriott International, Inc.
Talent Acquisition
10400 Fernwood Road
Bethesda, MD 20817
United States of America
 

当社の苦情管理業務に関する追加情報および連絡先については、「マリオット米国プライバシーシールドポリシー (人事データ)」をご参照ください。当社へのEメールによる通信は必ずしも安全ではないため、当社宛のEメールに機密性の高いデータを含めないでください。

 

その他の情報

応募者は、

 

承認

私は、応募書類を送信することで、上記に説明された、本プライバシーステートメントを読んで理解したことを承認します。また、本プライバシーステートメントに記載された私の個人データの収集、使用、転送、開示に関する規定を理解し同意します。

最終更新日: 2020年11月15日

マリオット米国 プライバシーシールド ポリシー(人事データ)

マリオット・インターナショナルおよび本ポリシーの末尾に記載された米国系列会社 (以下「マリオット」) は、プライバシーシールドプログラムに基づいて当社が欧州経済領域 (以下「EEA」) [1]およびスイスに所在する当社の系列会社、オーナー、およびフランチャイズ加盟者から受け取る人事データの取扱い方法についてご理解いただくため、この「プライバシーシールド プライバシーポリシー」を策定しました。本プライバシーシールド プライバシーポリシーは、当該プログラムの下で当社が受け取った人事データに適用され、2020年7月16日より前に米国に転送された人事データについて、「アソシエートプライバシーステートメント」および「応募者のプライバシーステートメント」を補完するものです。本プライバシーシールド ポリシーで特に指定されていない限り、英語版の本ステートメントで大文字で始まる用語は、「アソシエートプライバシーステートメント」および「応募者のプライバシーステートメント」における意味と同じ意味を有します。

マリオットは、EU-米国間およびスイス-米国間のプライバシーシールドプログラム (以下「プライバシーシールド」) に同意しており、2020年7月16日より前にEEA、英国、スイスから受け取ったすべての人事データに関する補足原則を含むプライバシーシールド原則 (以下総称して「原則」) の遵守に尽力しています。プライバシーシールドの詳細については、https://www.privacyshield.gov(英語)別のブラウザタブで開くをご参照ください。また認定を受けた企業のリストはhttps://www.privacyshield.gov(英語)別のブラウザタブで開くでご覧いただけます。

 

EEA、英国、スイスから受け取る個人データ

マリオットは、EEA、英国、スイスの事業体から、現在、過去、または将来の社員 (以下「個人」) の個人データを受け取ることがあります。こうした個人データには、以下が含まれます。

  • 氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、その他の連絡先データ
  • 扶養家族、国民識別番号、婚姻区分などの個人情報
  • 就労許可状況
  • 履歴書、職務経歴書、送付状、過去の勤務経験および学歴
  • スキルおよび能力
  • 保有している専門職およびその他仕事関連のライセンス、許可証、証明書等
  • 身元保証人に関するデータ
  • 適用法で許可されている、応募に関連した身元保証人、身元調査報告書を含むその他の情報源からのデータ
  • 出入国管理法で義務付けられている書類
  • システムおよびアプリケーションへのアクセスデータ
  • 報酬および給与データ
  • 職位などの人材管理データ
  • 普通株の持株数または管理職に関する詳細情報などの管理職に関する記録

 

個人データの使用

マリオットが収集する個人データは、「アソシエートプライバシーステートメント」および「応募者のプライバシーステートメント」に記載された目的で、マリオットおよびそのサービスプロバイダーによって使用されることがあります。当社がそのような目的と著しく異なる目的で個人データを使用しようとする場合、またはこれまで特定していなかった第三者に対して個人データを開示しようとする場合、当社はその個人にたいして通知を行います。応募者には、個人データに関わるこのような使用および/または開示をオプトアウトする機会があります。このようなデータが法的に要求または許可される場合を除き、適用法が認める機密性の高いデータに相当する可能性のあるデータを提出しないようお願いします。応募者が任意の個人データを追加で提供しないことを選択しても、あるいはその他の影響を受けることはありません。

 

系列会社および第三者への開示

応募者の個人情報は、以下に開示されることがあります。

  • マリオットグループ
  • オーナー: 当社が管理するマリオットグループブランドのプロパティのオーナー
  • サービスプロバイダー: 給与、年金制度、福利厚生サービスプロバイダー、人材関連サービス、業績管理、研修、経費管理、ITシステムのサプライヤーおよびサポート担当者、株式報奨プログラムを支援する第三者、クレジットカード会社、医療・保健従事者、業界機関および団体、会計士、監査人、弁護士、保険会社、銀行、その他の社外の専門アドバイザーおよびサービスプロバイダーなど、マリオットに製品またはサービスを提供する会社。
  • 公的および政府機関: 規制機関、警察、公共機関、裁判機関など、マリオットを規制する、もしくはマリオットに対し管轄権を有する機関
  • 企業間契約: 提案された、もしくは実際の組織再編、合併、売却、合弁事業、譲渡、権利譲渡、あるいはマリオットの事業、資産、または株式のすべてもしくは一部の処分 (倒産またはそれに類する手続きに関連する場合を含む) に関連する第三者

マリオットでは、随時、系列会社以外のこれらの第三者に個人データを提供する必要が出る場合があります。系列会社以外の第三者には、個人が拠点を置く法域外 (米国など) に所在するものも含まれます。第三者サービスプロバイダーには、個人データの機密性とセキュリティを保護すること、ならびに適用法を遵守し、マリオットにサービスを提供する目的でのみ個人データを使用することが求められています。マリオットは、移転され共同で使用される応募者の個人データに対し、引き続き責任を負います。

 

サービスプロバイダーへの開示

サービスプロバイダーは、業務の遂行に必要な個人データにアクセスすることがありますが、マリオット向け、またはマリオットに対するサービス提供以外の目的で個人データを使用することは制限されています。マリオットは、EEAおよびスイスから受け取った個人データにアクセスできるサービスプロバイダーに対し、プライバシーシールド原則で要求されるものと同等レベルの保護を提供することを求めています。当社は、当社のサービスプロバイダーが本原則に基づく当社の義務に従う方法で個人データを処理することを保証する責任を負います。

 

データのセキュリティ保護

当社は、個人データの性質とその情報の処理に関わるリスクを考慮しながら、個人データを損失、悪用、不正アクセス、開示、改ざん、破壊から保護するため、物理的、電子的、および業務手続きの面から妥当な措置を講じています。

 

データの整合性および目的の制限

当社は、個人データの収集と使用を業務処理の目的に関係する情報のみに限定しており、情報の収集やそれに続く応募者による承認の目的と相容れない方法で個人データを処理することはありません。当社は、個人データの使用目的に必要な範囲内で、その個人データが目的用途に関して信頼性が高く、正確、完全、最新のものであるよう合理的措置を講じています。

 

個人データへのアクセス

応募者は、書面によるリクエストを人事部担当者に送付することにより、当社が保持する応募者の個人データの見直し、訂正、削除を依頼できます。

 

プライバシーシールドの施行と紛争の解決

不明な点や気にかかる点などがありましたら、人事部担当者にお問い合わせください。当社は、プライバシーシールド原則に従い、個人データの使用と開示に関する苦情および紛争を調査し、解決に努めます。

結果に納得できない場合は、居住する国または地域を担当するデータ保護責任者 (MarriottDPO@marriott.com) に連絡することもできます。Eメールには、どの国・地域から問い合わせを行っているのかを明記してください。

当社が応募者からの苦情や紛争を解決できない場合には、JAMSに連絡することができます。JAMSは、応募者の苦情の解決に向けて無料で調査と支援を行います。詳細については、https://www.jamsadr.com/eu-us-privacy-shield(英語)別のブラウザタブで開くをご参照ください。応募者はさらに、自身の国や地域、または適用可能なデータ保護法の違反が疑われる国や地域のデータ保護機関に、苦情を申し立てることができます (http://ec.europa.eu/newsroom/article29/item-detail.cfm?item_id=612080(英語)別のブラウザタブで開く)。

マリオットは、必要に応じて、EU各国 (英国を含む) のデータ保護機関 (DPA) およびスイス連邦データ保護・情報委員会によって設立されたパネルに協力し、雇用関係の文脈で、該当する場合、EU、英国、スイスから転送された人事データに関して同機関の勧告に従います。

プライバシーシールド原則で詳しく説明されているように、他のどのような方法でも解決できなかった苦情の対応には、拘束力のある仲裁オプションも利用可能です。マリオットは、米国連邦取引委員会 (FTC) の調査権および執行権の対象です。

 

法律で定められている開示

当社では、法の執行や国家安全保障上の理由で、または訴訟手続や裁判所の命令に従うためにそのような措置が必要な場合、あるいは法律で定められている場合に、公的機関からの法的要求に対応するため、個人データの開示が必要となることがあります。

連絡先

応募者で、本プライバシーシールド プライバシーポリシーに関する質問がある場合は、applicantprivacyinfo@marriott.com宛にEメールをお送りいただくか、下記の住所宛に書簡をご郵送ください。

Marriott International, Inc.
Talent Acquisition
10400 Fernwood Road
Bethesda, MD 20817
United States of America
 

社員で、本プライバシーシールド プライバシーポリシーに関する質問がある場合は、所属する地域の人事担当者に連絡するか、自身の国または地域を担当するデータ保護責任者にEメール (MarriottDPO@marriott.com) で連絡してください。Eメールには、どの国・地域から問い合わせを行っているのかを明記してください。データ保護責任者には、下記の住所宛に書面で連絡することもできます。

Marriott International, Inc.
Data Protection Officer
10400 Fernwood Road
Bethesda, MD 20817
United States of America
 

プライバシーポリシーの変更

本ポリシーは、プライバシーシールドの要件に従って、適宜変更されることがあります。本ステートメントの最新改定日は、このページ上部にある「最終更新日」で確認できます。当社ポリシーの変更はすべて、このサイトに改定されたポリシーが掲載された時点で発効します。

 

本ポリシーの対象となるマリオットの米国事業体

Marriott Hotel Services, Inc.
Marriott International Administrative Services, Inc.
Marriott Rewards, Inc.
Marriott Worldwide Reservation Services, LLC
Starwood Hotels & Resorts Management Company, LLC
Starwood Hotels & Resorts Worldwide, LLC
Starwood Reservations LLC
The Ritz-Carlton Hotel Company, LLC
Galaxy Hotel Systems LLC
 


[1] EEAにはEU諸国のほか、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーも含まれます。
[2] 2020年7月16日、欧州司法裁判所は、データ保護機関対Facebook Ireland (Shrems II) の判決において、プライバシーシールドプログラムを無効としました。